突き指の治療法

【突き指の治療法】

突き指の治療法や予防方法、また突き指のテーピング方法を専門に解説しております。

突き指のテーピングの種類

 突き指のテーピングでは、怪我を発症後に行う
●悪化を防止するテーピング
 と、バレーボールなど指関節へのダメージが大きいスポーツアスリートが行う
●予防としてのテーピング
 の2種類のテーピングがあります。

 予防としてのテーピングと悪化を防止する固定式のテーピングではテーピング方法が異なります。

ページのトップへ戻る

突き指発症直後のテーピングは要注意

 突き指のテーピングでは、注意点すべきポイントがいくつかあります。

 最も注意すべきポイントは、
●怪我を受傷直後
 にテーピングを行うケースです。

 突き指を発症した直後は、患部に血液が急速に集まり、患部は腫れ上がります。

 この時、テーピングを巻いておくと
●血液の逃げ場
 がなくなってしまい、指関節の血管組織にダメージを与えてしまうケースがある為です。

 大きな大会などでどうしても強行出場しなければいけないケースなどは別として、突き指受傷後は基本的に
●応急処置
 をまず行い、競技は終了し怪我の回復に専念する事が大切です。

突き指テーピングの注意点【イラスト図】

 但し、試合中などに突き指をしてしまった場合で、どうしても強行出場しなければいけないと判断する場合は、指の靭帯組織が部分的に断裂している状態でもある為、逆に必ずテーピングなどで靭帯組織の補強を行う必要があります。

 その場合は、指の関節が緩んでいる状態でもあるため必ずバディテープによるテーピングを行います。

 バディテープは前項の突き指の治療方法・応急処置の項で解説したRICE処置ではBの固定措置に該当します。

 尚、突き指は場合によっては1シーズンに渡って痛みを伴うケースもある指の関節障害ですから決して軽視してはいけない障害である事を理解しておくことが重要です。

ページのトップへ戻る

突き指のテーピング方法・巻き方について

 突き指のテーピング方法を解説します。

@アンカー
 突き指のテーピングはまず、アンカーを「関節をまたいで」巻きつけます。

 アンカーとは全てのテーピング処置の基本となるテープラインの事です。

 アンカーの巻き方は指に沿って巻いていき、例えば第2関節を突き指した場合は、第一関節と第二関節の中間の肉厚の部分と、第2関節と第3関節の肉厚の部分に巻きつけます。
※このアンカーは常にテーピングの基本です。

Aクロステープ
 次にこのアンカーの両サイドからクロスするように双方のアンカーに向けてテーピングを貼ります。

 見た目としては、受傷した第2関節部分の上でクロスしているイメージです。

 クロステープのポイントとしては、指を軽く曲げた状態でテーピング固定を行うことです。

 きつすぎると血液の循環を損なうこととなります。

B固定
 次に、クロスしたアンカーテープの上に、指の甲面の指先側から手首側に向けてテープを貼ります。

 このテープの働きにより、指の屈曲動作の際の可動範囲がかなり制限されます。

Cサポート
 最後にもう一度、アンカーと同様に、今度はクロステープを先に貼り、最後に指に沿って再度アンカーテープを貼り付けます。

 指の固定状況を確認し、指が意図的に曲げることが出来ない状態で固定されていればOKです。

 以上で、突き指のテーピング処置は終了となります。

 尚、突き指のテーピングで使用するテーピングは、テーピングの幅が13ミリ〜19ミリの細身のタイプを使用します。

 価格は400円〜500円程度で手に入るので部活動などを行っている場合は救急箱に常時13ミリ〜19ミリサイズのテーピングを最低でもひとつは準備しておきましょう。

バディテープとは?

@−2バディテープ
 突き指を発症した指の隣の指も合わせてテーピングで固定するテーピングの事をバディテープと呼びます。

 シーネなどの装具で固定も可能ですが、もし競技を行う場合は、バディテープで指を添え木のような役割で固定し安定を図ります。

 バディの基本は「突き指をした指の尺側の指」を一緒に固定することが原則です。(尺側=小指側)

 仮にもし中指の突き指をしてしまった場合は小指側にある薬指を添え木代わりに一緒に固定する事になります。

 スポーツアスリートの方は固定力があり通気性の高いスポーツ専用の指サポーターを利用するのもひとつの方法です。

ページのトップへ戻る



突き指の治療法